現在保有している株の状況等(2020年10月1日時点)

こんにちは。シガールです。

今年はコロナで大変な年になりました。
2月から3月にかけて歴史に残る大暴落で、心が折れそうな方も多かったのではないでしょうか。

今年も残り3ヶ月になりました。
区切りも良いので、私が保有している銘柄を簡単に説明したいと思います。
ご覧になられている皆様の参考になれば幸いです。

ポートフォリオ保有比率

9/25(金)時点での保有比率です。
ジャパンインベストメントアドバイザーが一番多く保有しています。
他の銘柄はほぼ均等に振り分けられています。
また他に良い銘柄が見つかった時のために、現金も残しています。

保有株説明

基本的には成長株に投資していますが、資産株にも投資しています。
それぞれ分けて説明します。

※PERは四季報での予想です。

成長株

7172 ジャパンインベストメントアドバイザー

株価1,230円 PER 9.43 PBR 0.96

航空機リース事業がメイン。航空機部品の売却や旅客機から貨物機への改造するバーツアウトコンバージョン事業も展開してます。
直近では、コロナウィルスの影響により大変厳しい状況。ただ今年度の営業利益は前年比に比べ6.3%の減少で済みそうです。
コロナで飛行機が飛んでなく、航空会社の財政状態も悪いため、リース先を見つけるのも難しい状況です。来年度はさらに厳しい決算が出るかもしれません。

3679 じげん

株価344円 PER 21.91 PBR 2.35


求人や不動産など各情報サイトを一括検索する集約サイトを展開。
コロナで求人サイトが減少していますが、コロナが落ち着けば業績が戻ってくると考えています。
M&Aが上手な会社なので、長期的には成長できると思っています。

3461 パルマ

株価821円 PER 19.59 PBR 2.67
トランクルームの滞納保証と施設の開発・販売、運営。
今期はコロナでトランクルームの開発及び販売が遅れ下方修正を発表。
下方修正はトランクルーム販売の期ズレの問題なので、来期以降は増収増益は続いていくでしょう。

3452 ビーロット

株価725円 PER 4.48 PBR 1.55
中古のオフィスビルやマンションの開発をして、売却するのが主な事業。
今年度に関しては、保有しているホテルが売るに売れない状態なので、厳しさはあります。
それを補うために住宅物件でカバーしていく見込みです。

3482 ロードスターキャピタル

株価847円 PER 5.88 PBR 2.03
都内のオフィスを取得、付加価値を高めて売却。
都内のオフィスは、不動産価格下落のダメージは少ないので、今年度は目標通り達成できそうです。
クラウドファンディングにも力を入れているので今後はそちらも楽しみです。

8934 サンフロンティア不動産

株価879円 PER 5.04 PBR 0.66
都内のビルを取得し、再生して売却するのが主力。
保有しているビルにおいて、テナントから減額要請や解約の申し出が出ているため、影響をモロに受けています。そのため販売価格にも影響が出ています。
さらにホテル運営もしているため、利益の目減りに拍車をかけている状態です。
今年度に関しては、黒字になる予定なのでリーマンショックほど悲惨な事にはならなさそうです。

資産株

7537 丸文

株価530円 PER 11.18 PBR 0.33
独立系の外国半導体商社。
2020年3月期末で流動資産1,186億円から総負債832億円を引いた額が354億円と現在の時価総額139億円を大きく上回っています。
純利益に関しても毎年10億円を上回る数字を出しているので、長期的に見ても問題はなさそうです。

2714 プラマテルズ

株価566円 PER 12.09 PBR 0.46
合成樹脂原料の専門商社。メーカーや成型業者に供給。
2020年3月期末で流動資産236億円から総負債157億円を引いた額が79億円と現在の時価総額48億円を上回っています。
純利益に関しても毎年4億円以上出しているので、長期的に見ても問題はなさそうです。

今後について

今後も成長株、優良株があれば新規に買っていきたいと考えてます。

ジャパンインベストメントアドバイザーに関しては、厳しい時期ですが、他の銘柄は来期以降も大きく伸びていくと思っていますので、じっくり保有していきたいと考えています。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました