[JIA]ジャパンインベストメントアドバイザー 2020年1Q決算発表

7172 ジャパンインベストメントアドバイザー

こんにちは。シーガルです。
昨日ジャパンインベストメントアドバイザー (以下JIA)の2020年第1四半期決算発表がありました。

今日はそのことについて解説していきます。

決算概要

2020年第1四半期の決算は下記の通りになりました。

売上高 7,380百万円(前年同期比+185.8%)
営業利益 3,057百万円(前年同期比+163.4%)
純利益 2,023百万円(前年同期比+302.2%)

前年同期比では凄い成長に感じますが、これは前期から当期に持ち越した大型組成案件が順調に完売した為です。

ちなみに大型組成案件は2019年第4四半期から本格的に販売しています。

四半期ごとの売上高推移
四半期ごとの営業利益推移

第1四半期に関しては、株主総会での発言の通り予定通りの進捗だと感じました。
(株主総会の質疑応答は下記をご覧ください。)

大型組成案件が完売したため、商品出資金残高が2019年第4四半期から減ってきました。
現在の商品出資金残高は大型組成案件を組む前の量に戻ってきました。

商品出資金残高と販売額の推移

今後の見通し

決算発表と同時に通期連結業績予想の下方修正も出ました。

JIAの2020年12月期通期決算予想(単位:百万円)

売上高 22,370 → 19,730 (増減率▼11.8%)
営業利益 11,300 → 8,400 (増減率▼25.7%)
当期純利益 6,280 → 4,400 (増減率▼29.9%)

私の予想通り下方修正が出てきましたが、予想より少ない印象を持ちました。
先日、同業他社のFPGも下方修正を出しましたので、比べてみたいと思います。

FPGの2020年9月通期決算予想(単位:百万円)

売上高 24,315 → 13,200 (増減率▼45.7%)
営業利益 14,045 → 4,600 (増減率▼67.2%)
当期純利益 10,100 → 3,400 (増減率▼65.6%)

FPGはガッツリ下方修正していますよね。売上高は半分くらいになっていますので、見たときには絶句しました・・・

そういう点では、JIAはまだまだ被害が少ないように感じました。
ただ、下方修正を出したプレスリリースでは以下の事が書かれていました。

”営業活動が徐々に正常化する仮定のもとに算出しております。世界の新型コロナウィルスの感染症拡大影響の収束状況によっては、業績見通しを変更する可能性がございます。”

まあ、これは
「コロナはまだ、先が見えないから今後も再下方修正はあり得ますよ」
と言いたいのでしょう。まだまだ、予断は許せいない状況ですね。

今期に関しては、今ある商品出資金を全部完売してくれれば、それで御の字だと思っていますし、在庫が残ってしまってもしょうがないと思います。

今年に関しては、黒字で終わればそれで上出来だと私は考えています。
とにかく今は世界中の飛行機が一刻も早く飛んで欲しいと願うばかりです。

コロナ問題が落ち着けば、また成長していく会社だと思いますので、今は苦しいですが、株を持ち続けていきたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました