[JIA]ジャパンインベストメントアドバイザー 2020年2Q決算発表

7172 ジャパンインベストメントアドバイザー

こんにちは。シーガルです。
7/31(金)にジャパンインベストメントアドバイザー (以下JIA)の2020年第2四半期決算発表がありました。
今日はそのことについて書いていきます。

通期業績推移

これまでの通期での業績推移です。

2018年12月期までは業績が面白いくらいに上がっていましたが、2019年12月期は減益になりました。
これは大型組成案件の組成と販売が遅れたためです。この問題に関しては去年で解決できたので、今年以降影響することはなさそうです。

ただ、今年はコロナの影響で飛行機が飛んでいないので、残念ながら売上、利益ともに大きく伸びることはなさそうです。

第2四半期決算概要

2020年第2四半期の決算は下記の通りになりました。

売上高 10,544百万円(前年同期比+74.4%)
営業利益 4,436百万円(前年同期比+41.0%)
純利益 2,712百万円(前年同期比+53.7%)

第2四半期時点での売上、利益ともに過去最高になりました。

商品出資金残高と販売額の推移

下記のグラフは出資金残高と出資金販売額の推移になります。

商品出資金残高は第2四半期末で461億円となりました。(昨年の第2四半期末は821億円)
ここ1年で出資金を大きく減らしていることが分かります。

感想

業績に関しては、5/1に会社が修正した予想とほぼ同じでした。
通期の業績も修正した予想通りの結果になるのではないかと思っています。

個人的に気になるところは、商品出資金残高が大分減ってきた事と第2四半期で組成があまりされなかった事です。(第2四半期の組成額は5,428百万円)

コロナで航空会社が飛行機を飛ばせない事と、財政状態がかなり悪くなっているので、慎重にならざるをえないのかもしれません。第3四半期の組成額に注目したいと思います。

またコロナの対応として決算説明資料に、「貨物機などの従来の旅客機以外のオペレーティング・リースの取組」と書かれていました。これは期待できそうで楽しみです。

全体的に厳しい決算になりそうですが、コロナが落ち着いてくればまた業績も伸びていくと思っていますので保有を続けていきます。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました