[好決算]ロードスターキャピタル2020年第3四半期決算発表

その他

こんにちは。シーガルです。
10/30(金)にロードスターキャピタルの2020年第3四半期決算発表がありました。

今日はそのことについて書いていきます。

第2四半期業績概要

2020年12月期第3四半期(1〜9月)の決算は下記の通りです。

単位:百万円19.3Q20.3Q前年同期比
売上高12,09613,883+14.8%
営業利益2,8623,823+33.7%
経常利益2,5373,534+39.3%
純利益1,6202,305+42.3%

結構いい数字が出てきました。想定以上の価格で物件が売却されたのが利益を押し上げた要因みたいです。

通期予想は下記の通りになっています。

売上高 16,862百万円(前年度比+11.6%)
営業利益 4,120百万円(前年度比+12.8%)
経常利益 3,741百万円(前年度比+14.3%)
純利益 2,319百万円(前年度比+11.7%)

あとは上方修正を待つしかない様な状態かと思います。

今後の見通し

今期に関しては、4Qで30億円くらい販売して、純利益を5億円くらい上方修正させてくるのではないかと思っています。販売用不動産が374億円あり含み益も相当あるかと思いますので、来期も不安はありません。

決算説明資料には、新型コロナウィルス感染症と不動産市況に関して以下の様に書かれています。

東京のオフィス市況への新型コロナウィルス感染症の影響は限定的であり、むしろ市場や為替の安定から海外投資家の投資意欲が高い。空室率はやや悪化してきているが、2021年以降、大型の物件供給が少ないことから、程よい水準に落ち着くものと思われる。以上より東京のオフィス市況の先行きはあまり悲観していない。

これに関しては私もそんなに不安に感じていません。都心部のオフィスの市況はリーマンショックよりはマシな状態だと思っています。空室率は悪化していくでしょうが、むしろチャンスになっていくかもしれません。来期以降も業績を伸ばしていくと思っています。

ただ決算発表をした翌日の株価が11.67%も下落してしまいました・・・。みんなどれだけ期待してるんだよ(笑)。

11/2(火)での予想PERは6.76倍でPBRは1.94倍です。不動産業といえ、大分安くなってるとは思いますが、どうなんでしょう?

ここまで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました