[銘柄解説]ファッションECサイト運営会社ロコンド

3558 ロコンド

こんにちはシーガルです。
ブログの最初の投稿として、ロコンドという会社を紹介したいと思います。

事業概要

ロコンドは靴とファッションの通販サイト「LOCONDO.jp」を運営している会社です。
顧客層は主に30~40歳代の女性になります。

昨年までは「自宅で試着、気軽に返品」のキャッチフレーズでデヴィ夫人のCMもやっていました。
現在はCMはやっていませんが、ひょっとしたらまたやるかもしれません(^ – ^)

ロコンドHP(https://www.locondo.jp)
画像をクリックするとロコンドのHPに移動します

また、ロコンドではプラットフォーム事業も行っていてます。
これは、ブランドの公式ECサイトを支援するサービス(BOEM)、ブランドの商品を倉庫で預かるサービス(e-3PL)、ブランド様の店舗に欠品している商品をお客様の自宅まで届けるサービス(LOCOCHOC)を運営しています。

2.業績推移

業績の推移は下記の通りになっています。

取扱高は順調に伸びてきています。
特に2018年2月期から2019年2月期にかけて大きく伸びています。
これは、CM放送により認知度が向上したため取扱高が大きく伸びました。
そのため営業利益も一時的に大幅な赤字になりました。

2021年2月期には、CMを取りやめる予定なので再度黒字に転換予定です。

次に事業ごとの取扱高の推移です。

ロコンド2020年2月期第3四半期決算説明資料より

四半期ごとに波はあるものの、どの事業の取扱高が伸びています。
ちなみに、LOCOMOLLはヤフーや楽天に出店しているネットショップのことです。

3.今後の成長性について

2019年2月期第3四半期時点での靴のEC市場についての説明資料です。

ロコンド2019年2月期(2018年度)第3四半期決算説明資料より

市場規模に対するEC化率は現在10%程で、将来的には25%になると見込んでいるそうなので、
ロコンドが成長できる余地は、まだまだありそうです。

現在ロコンドの取扱高の7割ほどが靴を占めています。
なので靴のEC化が進めばロコンドの取扱高も増加していく事になるでしょう。

また今後は化粧品も取り扱うとの発表がありました。
女性層に向けた商品が充実するので、今後の取扱高も増加していくことに期待が持てそうです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました