ロコンド2021年2月期第1四半期決算説明解説

3558 ロコンド

こんにちは、シーガルです。
ロコンドの2021年1Q決算が発表されましたので、解説していきます。
(発表より大分時間が経っていますが、お許しください>_<)

まずロコンドとはどんな会社なのかとこれまでの業績の推移を説明していきます。

どんな会社か?

主な事業は靴とファッションの通販サイト「LOCONDO.jp」を運営です。
顧客層は主に30~40歳代の女性になります。

他にもプラットフォーム事業と呼ばれる下記のサービスを展開しています。

・ブランドの公式ECサイトを支援するサービス(BOEM)
・ブランドの商品を倉庫で預かるサービス(e-3PL)
・ブランド様の店舗に欠品している商品をお客様の自宅まで届けるサービス(LOCOCHOC)

通期業績推移

下図は昨期までの通期での業績推移です。

昨期の取扱高(返品後)は、グループ全体で約183億円で前年度から+29%の成長となりました。
営業利益に関しては、19年2月期はTVCMを流していたため、約10億円の赤字となっていましたが、20年2月期はTVCMの費用を削減したため約1億円の赤字になりました。

20年度(21年2月期)第1四半期決算

取扱高は4,012百万円となり前年比で-16%になりました。コロナウィルスによる外出自粛がモロに影響が出てしまう結果になりました。

営業利益は145百万円となりました。TVCMの費用をほぼ無くしたのとウェブ広告を減らしたことにより黒字に転換しました。

各サービスの取扱高推移

ロコンド2021年2月期第1四半期決算説明資料より

ほとんどのサービスは、コロナの影響により取扱高が減少してしまいました。
ただBOEMに関しては大きく成長することができたので、今後も期待が持てそうです。

2021年2月期の業績予想

今期の通年の業績予想も会社から、発表されました。

20年2月期実績(単位:百万円) 
商品取扱高(返品後) 18,251
営業利益      -170
当期純利益     -185

21年2月期予想(単位:百万円) 
商品取扱高(返品後) 20,000
営業利益      1,500
当期純利益     1,200

コロナの第2波も来ることも考え保守的に見ているそうです。
ただ、中期経営計画で掲げた営業利益30億円の実現は目指しているそうなので、最終的には営業利益は15億円から30億円のレンジに収まってくると思います。

個人的な予想は、取扱高(返品後)230億円、営業利益17億円くらいになるのではと思っています。

ここまで読んでいただき有難うございました。

タイトルとURLをコピーしました