[銘柄解説]トランクルーム販売、管理会社パルマ

その他

こんにちはシーガルです。
本日はパルマという会社を紹介したいと思います。

事業概要

パルマはトランクルームに関する事業を行っています。
主にはトランクルームの開発、販売、管理、滞納保証を行っていて、下記の3つの事業に分かれます。

・BS(ビジネスソリューションサービス)
トランクルームの滞納保証や運営管理などのサービスを行っています。2019年9月期の全体の売上に対する割合は17.74%です。

・ITS(ITソリューションサービス)
トランクルームのWEB予約決済在庫管理等、ITに関するサービスを行っています。2019年9月期の全体の売上に対する割合は0.54%です。

・TKS(ターンキーソリューションビジネス)
トランクルームの開発や販売を行なっています。後に説明しますが、この事業が一番成長しています。2019年9月期の全体の売上に対する割合は81.69%です。

業績推移

業績の推移は下記の通りになっています。

売上、利益ともに業績は順調に伸びています。
会社予想では2020年9月期も過去最高の利益を達成しそうです。

次に事業ごとの売上と売上総利益の推移です。

各事業の売上(単位は百万円)
各事業の売上総利益(単位は百万円)

売上、売上総利益どちらも順調に伸びています。
19.9月期のTKSとBSの売上総利益はどちらも同じくらいの利益になっています。

売上や売上総利益の推移を見れば分かりますが、TKSが大きく伸びていることが分かるかと思います。
TKSで売上を出せば、パルマで滞納保証や運営管理をする事になりますので、BSも一緒に売上が伸びてくる事になります。したがって今後もTKSの成長がカギになってきます。

今後の見通し

トランクルームは現在米国市場で世帯普及率が約10%強となっていますが、日本ではまだ世帯普及率が1%未満なので伸び代はおおいにあると思っています。もし世帯普及率がアメリカ並みに増えれば売上や利益が10倍になるということも考えられます。

最後に株の指標を載せておきます。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

パルマ(3461)

株価 807円
時価総額 5,011百万円
PER(会社予想) 13.51倍
PBR(実績) 2.62倍

※指標は2020.8/6時点です。

タイトルとURLをコピーしました